« 深まる季節の装いに | トップページ | 少年の日 »

2010年10月 6日 (水)

こぼれ萩、鯖街道

098

鯖街道入り口近く、川端通りに建つ「常林寺」は萩の寺とも呼ばれます。
門を額縁に見立てた景色を目にすれば、足を留めずにはいられない。

背丈ほどの枝垂れる萩に境内がすっぽり覆われており、かきわけかきわけ進む道は山のなかに迷い込んだよう。

萩の道の奥には金色に輝く幡、阿弥陀三尊。

093_3

地蔵堂もあり、鯖街道を往来する旅人の信仰も厚く、
海を越えて旅した勝海舟は、このお寺を常宿にしていたそう。
旅人もこの秋の風景に心和んだことでしょう。

花は少し散り始め、こぼれ萩もかわいらしいですね。

089_2

常林寺 京都市左京区川端通今出川通上る 

美豊は、今日水曜日はお休みをいただいております confident

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 深まる季節の装いに | トップページ | 少年の日 »

京都神社・お寺・観光」カテゴリの記事