« 天王山の秋 | トップページ | 歴史感じる登山道 »

2010年10月20日 (水)

大山崎山荘の庭

122_3

天王山の中腹にある「大山崎山荘美術館」へ行ってきました。

京都駅からJRで10分ほど。
それほど遠くないのに街の喧騒と離れた別世界。
小さな旅に出かけた気分になれる好きな場所です。

庭園をぐるりと囲むように山はほんのりオレンジ色に染まり始めています。
グラデーションがきれい。

池のまわりには杜鵑草の群生。
蕾みがぷっくり膨らんでいてまだまだこれからたのしめそう。

116_5

藤袴も咲きこぼれている池の向こうには安藤忠雄氏建築のコンクリート打放しのモダンな建物が見えます。
大きなガラス窓のなかにいても庭のなかにいるような気分。

117_6

本館のクラシカルな建物が山に浮かぶ。
錦繍の頃には山が紅にくっきり染まるそうです。

120_5

入り口は青もみじの樹木にすっぽり覆われる道。
もみじは11月下旬頃かな?
そんな季節に訪ねたくなりました。

126_4

大山崎山荘美術館 京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字銭原5-3 075-957-3123

美豊は、今日水曜日はお休みをいただいております confident

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 天王山の秋 | トップページ | 歴史感じる登山道 »

美術館・博物館」カテゴリの記事