« Withered Beauty | トップページ | 100年後、200年後、その時 »

2010年9月10日 (金)

家でのティーセレモニー??

宇治の製茶舗「中村藤吉本店」の「生ちゃこれーと」、抹茶味。
手で摘めばその瞬間から溶ける、抹茶の香り高く、まろやかな甘さ ♪

103_3

そして、宇治の製茶舗「丸久 小山園」の抹茶「萬年の翠」。
ある日いただいたまろやかですっきりしたお薄の一服の味が忘れられず、お伺いすればこのお抹茶でした。
お濃茶にもいただける抹茶は苦味が少なくいただきやすく、冷水でいただくとこれまた夏の喉潤うさわやかな飲みものに。

107

お菓子は抹茶大好きな家人ひとりのリクエストで、両方とも京都駅のJR伊勢丹に家人のひとりと立ち寄った時に買いました。

「学校でボクがつくった~」とお茶碗を持って帰ってきたので、初お茶をいただこう、ということになって。。。
茶碗は、おじいちゃん、おばあちゃんと遊んだ穏やかな海がイメージ、波も立てたそう。
小ぶりで低めのお茶碗なので、野点用の茶筅で。

初めては大きなごつごつした黒楽茶碗、そしてふたつめのこのお茶碗。
最後は次につくる志野茶碗で学校でのお茶会に招いてくれるらしく、ちょっとたのしみ。

116

中村藤吉本店
丸久小山園

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« Withered Beauty | トップページ | 100年後、200年後、その時 »

京みやげ・おもたせ」カテゴリの記事