« 紙屋川近くの | トップページ | 梅びしお »

2010年9月 5日 (日)

石の記憶

三条通りを歩いていた時、ふらりと立ち寄った「京都文化博物館」。
今催されているのは「古代メキシコ・オルメカ文明展ーマヤへの道ー」。
とても暑い日で、迫力ある巨石人像のポスターは石のひんやりした感触を想像させてくれて。。。

084_4

マヤ文明よりさらに前、メキシコ湾岸地方で発見された新大陸ではもっとも初期の古代文明といわれるオルメカ文明。
彫刻された巨大な石、翡翠の大きなマスク、文字や絵の刻まれた石碑、生活の中で使われていた石斧や彩色土器…

自然にこめられた祈り、崇拝信仰、高度な技術や驚くほどの知恵を垣間見られることは、遠い古代へのロマンをかき立てられます。
プリミティブでシンプルな美しさに溢れた石の記憶に耳を澄ませ、暑さを忘れたひと時でした。

文化博物館別館の建物は赤レンガ造りの旧日本銀行京都支店。
アールヌーボーの香り漂うノスタルジックな空間は、タイムスリップしたような気分があじわえ心地よ~い。
優美な曲線描く格子カウンターでお金のやり取りがされていたんですって。

096_4

古代メキシコ・オルメカ文明展 9月26日まで
京都文化博物館 京都市中京区三条高倉 075-222-0888

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 紙屋川近くの | トップページ | 梅びしお »

美術館・博物館」カテゴリの記事