« 江戸のオートクチュール | トップページ | Withered Beauty »

2010年9月 8日 (水)

ワインとともに ♪

下鴨の住宅街に佇む「日出鮨」。
暖簾をくぐるとまず目を引くのは大きなワインセラー。
カウンターで鮨を握る息子さんは、ソムリエだそうでワインとともに鮨をたのしむことができます。

お昼にいただいたランチコース。
印象に残ったのは…

塩とすだちが振られ短冊状に包丁が入れられているやり烏賊、香りさわやかでするりといただいてしまうあじわい。

094_2

艶やかな鮪のづけのお鮨。
あっさり漬けられているので鮪の旨みをぐっと感じました。

103_5

鯖の昆布〆。
はらりと振られた胡麻、お昆布と脂ののった鯖が軽やかにマッチ。

105_3

軽く塩が振られた焼き穴子。
表面はかりっと香ばしく、なかはふんわり、塩が穴子の風味を引き立ててます。

108_5

甘さにほっこりする卵焼き、紫蘇と烏賊の細巻きのさっぱりさは〆に嬉しかったもの。

110_3

すべてのお鮨がひとつひとつ素材のあじわいを引きだす味つけがされています。
隣に座った人はネタによりワインをいろいろ選んでもらい、とてもおいしそうに召し上がっていました。

落ち着いた大人の雰囲気でワインとともにいただけるお鮨。
晩夏の昼下がりのひと時でした。

日出鮨 京都市左京区下鴨南茶ノ木町39-1 075-711-5771

美豊は、今日水曜日はお休みをいただいております confident

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 江戸のオートクチュール | トップページ | Withered Beauty »

京都ごはん」カテゴリの記事