« 平安の風香る | トップページ | 秋に会いに、大文字山 »

2010年9月20日 (月)

鮨寛

東京へ行くことが決まり、家人がしたのは西麻布の「鮨寛」へ予約したことでした。
ご主人がお店を構えられてから、前の店、今の場所へ変わってかれこれ25年ほど、家人はずっと大好きなお店だそう。

数年前まで1階は「染司よしおか」さんでした。
この暖簾もよしおかさんの染めかナ?
お店は星条旗通りの坂道の途中、地階へ下りたところにある隠れ家のようなところ。

142_4

近海ものの大トロと中トロは、とろりと口のなかで溶けながらさっぱりさわやかなあじわい。

143

あっさりした〆具合が風味をぐっと引き出しているこはだ。

148_5

ボリュームたっぷり、肉厚でこりこりした食感がたまらなかった赤貝。

150

脂がのっていた〆鯖、海苔の香りと相性抜群だった雲丹、塩とすだちで烏賊のあまみを満喫。

146_2 

ふわっととろけるあじわいだった煮穴子。
つめの味がさらりと軽やかで穴子の味を引き立てています。

157_2

素材を極上のおいしさに変身させて握ってくれるお鮨。
頑固そう、とっつきにくそう、と言われることも多いそうな大将は、とても気さく。
お鮨が大好きで大好きでたまらないという感じ。
そんな大将のお人柄に魅了されて通う常連さんも多いとか。

写真眺めながら、あ~また食べたい!!

鮨寛(すしかん) 東京都港区西麻布1-4-40 西麻布篠ビルB1F 03-3405-9597

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

 

|

« 平安の風香る | トップページ | 秋に会いに、大文字山 »

京都以外」カテゴリの記事