« 石の記憶 | トップページ | 江戸のオートクチュール »

2010年9月 6日 (月)

梅びしお

105_4

「京都 雲月」のニューフェイス、「梅びしお」。
すらりとした愛らしいパッケージを紐解けば、あらわれるのは小さな瓶。

きめ細やかなねり状のものの中身は、「小松こんぶ」で有名な雲月のお昆布と梅干し。
お昆布の塩と梅の酸味、香りがいい塩梅!

雲月おすすめのいただき方は、本山葵のすりおろしに梅びしおを混ぜ酒肴に、小巻すしの芯に紫蘇とともに…
わが家では、和洋中ジャンル問わずお皿をぐぐっと引き立ててくれる名脇役となっています。

209

そして両掌で包めちゃう小ぶりのお茶碗は、「ギャラリー遊形」で求めたもの。
オリジナルデザインの有田焼のものだそう。
このかわいい姿が見えた時の相手の頬がゆるむ瞬間がたのしくって ♪

京都 雲月 京都市北区玄琢北東町9 075-491-1133
御所雲月   京都市上京区寺町通今出川通下る二筋目 075-223-5087 にも並んでいます)
ギャラリー遊形 京都市中京区姉小路通麩屋町東入る 075-257-6880 

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 石の記憶 | トップページ | 江戸のオートクチュール »

京みやげ・おもたせ」カテゴリの記事