« 花の丸 | トップページ | 西陣織九寸の名古屋帯 »

2010年9月 3日 (金)

秋は…

085_2

秋は夕暮。
夕日のさして、山の端(は)いと近うなりたるに…
とあらわしたのは、清少納言。

秋草がくっきり浮かびあがる灯りを目にした時、なぜか思い出したのは遠い昔に暗唱した(させられた)言葉。

別のある日、9月初めのお茶のお稽古でいただいたお菓子は「初雁」でした。
黒砂糖の葛のなかにきんとんと雁に見立てた百合根が透けるお菓子。
斜め直線やV字型に連なり大空に小さくなってゆく雁たちが思い浮かび、一気に秋へ連れて行ってくれました。

そうそう、この枕草子のつづきに、
雁などの列ねたるがいと小さく見ゆるは、いとをかし。
とあったんでしたっけ。

日暮れも早くなったし、こおろぎは涼しげな大合唱奏でているし、あけびも銀杏も栗の実も発見。
まだまだ暑いですが、秋探したくなるこの頃ですね。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 花の丸 | トップページ | 西陣織九寸の名古屋帯 »

閑休話題」カテゴリの記事