« 季節の味、そしてそぞろ歩き | トップページ | 秋の味と小鹿田焼のうつわ »

2010年9月25日 (土)

鍋島焼展

161_4

サントリー美術館で催されている「鍋島焼 展ー誇り高きデザインー」はとても印象に残った展覧会。
とても見ごたえありました。

日本で磁器生産が始まったのは江戸初期。
鍋島焼は佐賀藩から将軍への献上のものとしてつくられていたので、藩の最高峰のものを威信をかけてつくられていた、そんな歴史的背景の説明。
最高技術の結集でしょうし、藩お抱えの陶工のものだけでなく民間の陶工のものも見出されたそう。

1枚の器がひとつの完璧な世界を感じさせてくれる洗練されたデザイン、宝尽くし、唐松柄などの格調高いものからうさぎ、本、組ひもなどの身のまわりのものも洒脱で美しいモチーフに昇華されているひと筋すらも力抜かれていない緻密さ。

いくども眺めたくて図録を持ち帰りました。
ものづくりの参考のために図録を眺めることも多い家人、いく冊も抱えておりました。

166

鍋島焼 展 10月11日まで
サントリー美術館 東京ミッドタウンガーデンサイド

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 季節の味、そしてそぞろ歩き | トップページ | 秋の味と小鹿田焼のうつわ »

美術館・博物館」カテゴリの記事