« 鍋島焼展 | トップページ | 金色(こんじき)に恋がれて »

2010年9月26日 (日)

秋の味と小鹿田焼のうつわ

118_6

昨夜、ただいま~、と家人が提げてきたまだほかほかあたたかった「鳴海餅本店」の栗赤飯。
もちっとした食感のおこわ、大きな丹波栗のほくっとした甘さ。
待ち遠しかった実りの秋、いただきま~す ♪

お店は、1日中おこわを蒸しあげるフル回転でひっきりなしのお客さんだったそう。

聖護院の生活用品と器のお店「ロク」で見つけた小鹿田焼の器に盛って。
カンナや刷毛でつけられたおもしろい模様、やわらかな灯りのもとで温かそうな食卓風景に変身。
季節のページが秋になったと思うこの頃、ぽってりしたもの、温もり感じるものに心惹かれていってます。

鳴海餅本店 京都市上京区堀川下立売西南角  075-841-3080
ロク      京都市左京区聖護院山王町18番地メタボ岡崎101 075-708-6356

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 鍋島焼展 | トップページ | 金色(こんじき)に恋がれて »

京みやげ・おもたせ」カテゴリの記事