« 空が半分 | トップページ | ナツイチ! »

2010年8月11日 (水)

アートのある動物園

「あらしのよるに」で知られる絵本作家あべ弘士さんは、旭山動物園で25年間飼育係をされていました。

「あらしのよるに」は私も家人のひとりも大好き。
迫力あったりお茶目な表情のガブとメイ。
寝る前のひと時、おおかみとヤギのありえない友情にどんなにハラハラしたり胸がキュンキュンしたことか!

そんなわけで旭山動物園へ行くたのしみはあべ弘士さんワールドに会えること ♪

入り口で向かえてくれるのはあべさんの描いた北極熊。

153_2

オオカミの森への入り口。
あっち←、こっち→などの案内もあべさんの看板。

209

エゾオオカミの悲しい歴史が描かれた壁画、胸に迫ります。

216 

217

映画「ペンギンが空を飛ぶ」の公開とともに描かれた壁画、ペンギンは鳥なんだを実感できるペンギンのトンネルをくぐった後で。

169

あざらし館の壁画、かわいらしいだけじゃなく種類や大きさ、生態なども記されています。

189_2 

クマのマーキング行動(自分の縄張りだゾとにおいをつける)の説明、なんだかカフェの入り口のよう?!

241_2

動物園が自然に溶け込んでいて、動物の生態をいきいきと感じてもらいたいという動物園の人の想いが至るところから感じられた日本最北の動物園。

あべさんのやさしいまなざし感じる画は動物とともに暮らしたからこそ描くことができる、を実感。
あべさんの過ごされた場所を訪れる願いが叶い、嬉しかった~

旭山動物園 旭川市東旭川町倉沼 0166-36-1104

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

 

|

« 空が半分 | トップページ | ナツイチ! »

北海道」カテゴリの記事