« 附下げのきもの 染め上がりました | トップページ | いい塩梅?! »

2010年7月22日 (木)

フルコース

093_3

祇園祭山鉾巡行の日に前奏なしにくっきり梅雨明けした京都。
見上げれば夏空、平安神宮の朱の鳥居が鮮やか。

京都市美術館では「ボストン美術館展ー西洋絵画の巨匠たちー」が開催中です。

094_2

「名画のフルコースをどうぞーレンブラント、ミレー、モネ、ルノワール、ゴッホ、ピカソ…」
というキャッチフレーズ。

1870年に開館したボストン美術館は、アメリカでいちばん古い歴史を持つ美術館(メトロポリタン美術館も同年開館)。
王侯貴族のいなかったアメリカでは、市民たちの寄付などにより集められたコレクションにより市民が作った施設が主流、ボストン美術館も。
どんな視点でコレクションが集められているのかとても興味を惹かれます。

104_8

宗教画、肖像画、風景画、というようにテーマごとに時代を越えてひと部屋づつに展示されている。
マネの肖像画の隣にベラスケス、というように。
ベラスケスを崇拝していたマネ、そんな相関図から観るのも読み解くたのしさがあります。

ひとつひとつの作品が見ごたえあり、ゆっくり佇みたくなる、豪華なフルコース。
涼しい夏の美術館、のんびり贅沢なひと時です。

106_3

ボストン美術館展 8月29日まで
京都市美術館 京都市左京区岡崎円勝寺町124 075-771-4107

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 附下げのきもの 染め上がりました | トップページ | いい塩梅?! »

美術館・博物館」カテゴリの記事