« 買いものの祭り | トップページ | 天上の花 »

2010年7月26日 (月)

夏の思い出

210

15分だけ打ち上げられる宝ヶ池の花火。
すぐ隣の国立京都国際会館で大きな会議などが催された時にあげられる。
だからいつもサプライズ。

ぽんっ、ぽんっと音が聞こえたら、階段を駆け上がり窓辺へ。
大文字の送り火の「妙」と「法」の山の向こうの夜空が赤、青、黄に鮮やかに染まります。

10年ほど前は1週間に2度ほど打ち上げられていた花火。
家でのんびり眺めるひと時が夏の生活に刻まれていました。
今はひと夏に数えるほどになってしまい、さみしいかぎり。

そうそう、濃い緑に浮かび上がっていた「妙」や「法」の字。
ある日茶色になっていました。
草木が刈られ、送り火への準備がされていっているんですね。
もうすぐ葉月!

diamond 清涼

152

ざっくり組まれている帯締め。
透け感は夏ならではのたのしさ。
淡彩な夏の装いに華やかさを添えてくれます。
美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 買いものの祭り | トップページ | 天上の花 »

閑休話題」カテゴリの記事