« 始まりました ♪ | トップページ | ご紹介いただきました »

2010年7月15日 (木)

夏の琥珀色

祇園祭の頃にいただきたくなる夏のお菓子「亀廣永」の「したたり」。
透ける琥珀色、お皿の上でぷるるんと泳ぐ。
黒糖、和三盆が上品でさわやかなあじわい、涼やかな琥珀羹のお菓子です。

101_4

菊水鉾に献上するお菓子は、能楽、菊の露「したたり」にあやかり作られたそう。

そして菊水鉾は、近年まで鉾町内にあった金剛能楽堂の庭内にある洛中名水のひとつ菊の井という井戸にちなんで建つようになった鉾。

名前の由来、見た目、あじわい、みずみずしさ溢れるお菓子ですね。
菊水鉾のお茶席でもいただけるそう。

亀廣永 京都市中京区高倉蛸薬師上る   075-221-5965

diamond 水模様が広がります。  

112_5

観世流水のぼかしに涼やかに浮かぶ花の丸文様。
附下げのきものです。
お茶席やパーティー、結婚式などあらたまったお席に。
美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

 

|

« 始まりました ♪ | トップページ | ご紹介いただきました »

京都和菓子」カテゴリの記事