« 下鴨にて | トップページ | 野の花にあそぶ »

2010年7月 2日 (金)

掌中の美・ミニチュアの世界

105_3

岡崎の「細見美術館」で催されている「中国の小さなやきものー美は掌中に在りー」展。

手のひらにすっぽりのってしまう小さな小さな中国のやきものたち。
新石器時代から清朝末期まで6000年に渡り飾られています。
儀式に使われたもの、副葬品、子どもの玩具…

小さく精緻なものたちは愛らしく、ゆっくり目を凝らして眺めたくなります。
それぞれのものに込められた想いや物語が聞こえてくるようで、中国悠久の歴史に身をゆだね、時を忘れたひと時でした。

細見美術館に併設されているショップ「アートキューブ」のコーナーは、展示内容により変化に富んでいて見逃せません。
やきものの本、花の本、庭園の本、志村ふくみさんの本いろいろ、両手に抱えて帰りました。

中国の小さなやきもの 7月25日まで
細見美術館 京都市左京区岡崎最勝寺町6-3 075-752-5555

diamond 絽の江戸小紋のきものです。

115_2

細い縞、万筋柄がなんとも涼やかですっきりシャープな印象、透ける江戸小紋のきもの。
幅広い場面でお召しいただけるのも魅力。
美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 下鴨にて | トップページ | 野の花にあそぶ »

美術館・博物館」カテゴリの記事