« 蛍、京の奥座敷 | トップページ | 蛍火の茶会 »

2010年6月12日 (土)

夏の庭

足を踏み入れただけで風が通り抜けてゆく、外の暑さがウソのよう。
夏のさんさんとした日射しの日には「そうだお寺へ涼みに行こう」と思ってしまったほど。

「大いなる哉 心や」の屏風が迎えてくれる「建仁寺」。
人の心は本来自由で大らかである、という意味だそう。

093_3_2

宇宙の根源的形態を示すモダンな響きの「○△□乃庭」。
小ぢんまりした空間が哲学的。

101_3

白妙の…と言いたくなるような清々しい白さの枯山水の庭。
方丈に座れば、時を忘れます。

086

特別公開されている法堂の「双龍図」。
天井に飛ぶ姿は雄大、ユーモラスな表情に和みます。

128

この日は水辺に広がる涼やかな半夏生の花の特別公開が「建仁寺」の塔頭のひとつ「両足院」で始まり、立ち寄ったのでした。
「まだひとつしか花つけとらんよー、見頃は20日頃かね。」 とお寺にの方に教えていただきました。
また訪れよう。。。

建仁寺 京都市東山区花見小路通四条下る 075-561-6363
半夏生の庭園特別公開 6月11日から7月11日まで 両足院にて

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

 

|

« 蛍、京の奥座敷 | トップページ | 蛍火の茶会 »

京都神社・お寺・観光」カテゴリの記事