« 昼下がりのティータイム | トップページ | サマーホワイト »

2010年6月22日 (火)

真如堂ふたたび

真如堂をふたたび訪れました。
菩提樹を眺めるために。
満天の大樹の下にすっぽり入ってみたかった…

小さな釣り鐘型の花が今零れんばかりです。

167_2

大樹の下は風が通り抜けそれはそれは心地よく、あま~い香り。
蜂、蝶が花から花へ休む間なく飛びまわっていてもう賑やかなこと!
春のようです。

153

本堂前にある菩提樹の対に沙羅双樹。
大樹の菩提樹と対照的に、この樹はあまり大きくなくて、花がふわりとしていてほんとうに可憐。
たった今さなぎから蝶になりたてっていうくらい。
気づけば息をとめてシャッター切ってました。

159

江戸時代に建立されたという小ぢんまりした三重の塔の近くに木のテーブルがあり、おしゃべりに花を咲かす人たちあり、書きものする人あり、本読み、ぼんやり過ごす人あり…
梅雨のあいま、ゆっくり行きたくなるお寺です。

149_2

真如堂 京都市左京区浄土寺真如町82 075-771-0915

diamond 絽の名古屋帯です。

105_5 

桔梗、おみなえし、萩、菊…
草花が涼やかな色合いで織られています。
単衣、夏の染めのきものに合わせて。
美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

 

|

« 昼下がりのティータイム | トップページ | サマーホワイト »

京都神社・お寺・観光」カテゴリの記事