« 春、伊賀丸柱で至福の一服 | トップページ | 型染めの魅力 »

2010年5月25日 (火)

初夏の風

初夏が近づくと恋しくなる老松の夏柑糖(なつかんとう)。
封を開けると柑橘のさわやかな香りがふわり。

097

日本原種の夏蜜柑を砂糖と寒天で固めたシンプルさ。
寒天のぷるんとした歯ごたえ、柑橘のさわやかな甘さがたまらない。
冷蔵庫でぎゅっと冷やせば初夏の風が吹いてくるようです。

099_3

老松 京都市上京区北野上七軒 075-463-3050

diamond 涼やかさ

096_4

夏のきもの姿は清涼感を纏えるのがなんと言っても醍醐味。
素材感、透け感、着る人も見る人もふわりと風を感じるような。

墨色に細い縞が織られた紗のきもの、紗綾形文様が織られた紗の名古屋帯。
美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

   

|

« 春、伊賀丸柱で至福の一服 | トップページ | 型染めの魅力 »

京都和菓子」カテゴリの記事