« 青もみじ散歩そして八橋 | トップページ | 山じゃなくて三 »

2010年5月21日 (金)

ずっと後世には

入り口に覆い尽くされた花、花、花。
その様子からも人気ぶりが伺い知れる森田りえ子氏の展覧会が大丸ミュージアムで催されています。

087_2

ダイナミックで鮮やかな作品の数々。

特に印象に残ったのは、金閣寺・鹿苑寺方丈に納められている杉戸絵「春夏秋冬」。
生命力溢れる牡丹、みずみずしい艶やかな花菖蒲、しっとりとした菊、あでやかな椿。
樹齢800年の美しい木目が浮かび上がるキャンバスに描かれた景色は、ずっとずっと後世の何百年後の人々の目にどんなふうに映るのでしょうか。。。

23日(日)14時からはギャラリートークがあるそうです。

東方彩夢 森田りえ子 展 5月24日まで
大丸ミュージアム 京都 075-211-8111

diamond 夏のお出かけに

108_4

涼感溢れる紗の生地に縞の格子柄のきもの。
淡藤、生成り、黄緑、うすねず色…
幾重にも重ねられた色がとてもおしゃれです。 
美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 青もみじ散歩そして八橋 | トップページ | 山じゃなくて三 »

美術館・博物館」カテゴリの記事

美術館・博物館」カテゴリの記事