« 初夏の風 | トップページ | 草喰なかひがし »

2010年5月26日 (水)

型染めの魅力

196_2

京都国立近代美術館で催されている「稲垣仲静・稔次郎兄弟展」。

印象に残ったのは、染色家として名を成し、型絵染の人間国宝に認定された弟の稔次郎氏のきものや帯の作品。
大きなキャンバスのように大胆に切り取った図案のもの、繰り返しの端正さをいかしたもの、色の配色を変えることによりまるで異なった作品になる意外さ、切り絵を見るようなたのしさと手の温もり。
色彩美溢れ、伸びやかな型染めの魅力を満喫しました。

窓の外は、平安神宮の朱の鳥居。
五月晴れの日は青空に朱がよく映えます。

192_2

稲垣仲静・稔次郎兄弟展 6月27日まで
京都国立近代美術館 京都市左京区岡崎円勝寺町 075-761-4111

美豊は、今日水曜日はお休みをいただいております confident

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 初夏の風 | トップページ | 草喰なかひがし »

美術館・博物館」カテゴリの記事