« フレーズ | トップページ | 春風吹又生 »

2010年3月15日 (月)

ひとりじめ

永観堂や南禅寺の近く、鹿ケ谷の「泉屋博古館」では「住友コレクションの近代絵画」展が催されています。

100_5

住友家の洋画コレクション。
クロード・モネ、岸田劉生、梅原龍三郎、黒田清輝、小磯良平…
豪奢な住友家の邸宅に客人をもてなすために飾られることも多かった絵画の数々(その邸宅は残念なことに焼失してしまったそう)。
人気のある画家のものやこれは、と当主が思った画家のものを飾る文化的なサロンの空間はどんなふうだったんだろう。。。

それにしても、この日は美術館にいたのは私ひとり!
贅沢な空間をひとりじめ。

光をふんだんに感じられれるのにとても哀愁漂う中国の道化師が描かれた梅原龍三郎の画、心ゆくまで見入りました。

ジェットコースターに乗ったような春のアップダウン激しい気温の日々、冷たい雨が降っていました。

088_5

ほころび始めた白梅もふるふる震えて見えたほど!

095_3

住友コレクションの近代洋画 展 6月27日まで
泉屋博古館 京都市左京区鹿ケ谷下宮ノ前町24 075-771-6411

diamond 格子柄のきものを洗練された表情に。

126

肩の力を抜き、カジュアルに着こなすことができる格子柄のきもの。
染め帯を合わせることにより、軽やかで洗練された雰囲気に。
着てゆく場所が広がります。
美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« フレーズ | トップページ | 春風吹又生 »

美術館・博物館」カテゴリの記事