« 春の味 | トップページ | 店まわりさくら、さくら »

2010年3月27日 (土)

弥生の味

どちらが好き?って話していたら家人が提げて帰ってきた「とらや」の袋。

開けると桜餅!
クレープ状のきれいな薄い皮にくるりとくるまれた桜餅。
こし餡は舌にのせるとさらさらと溶けてゆくような繊細さ、桜の葉が口いっぱいに広がるしあわせなお菓子。

この前、つぶつぶの道明寺が大好き、と言ったばかり。
こんなにお上品なお菓子をいただけば、桜の季節に幾度も出逢えるみたい~♪と皆で頬張りました。

319

「とらや」の弥生のお菓子「花」。
紅白のカルメラがまぶされた姿が愛らしい、割ってみると緑の皮。
中には求肥入りの餡、ととても凝ったお菓子。
食感、さまざまな味、見た目の色合いも何層にも重ねられたたのしさを満喫。

弥生のお菓子は東京・京都で3月31日まで販売されているそう。

325

とらや 京都市上京区烏丸通一条角 075-441-3111

diamond 清々しく

134

蛍が舞うようなごくひかえめな飛び柄の蛍ぼかしのきもの。
帯は端正な雰囲気漂う、有職文様の名古屋帯。
清々しく少し凛とした感じ。
美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 春の味 | トップページ | 店まわりさくら、さくら »

京都和菓子」カテゴリの記事