« 染め帯できあがりました | トップページ | 染め帯つくりました »

2010年3月21日 (日)

器とあそぶ

「番浦 匠 展」でひと目で気に入った白い器。
やわらかな白色、八角形のモダンさ。
お初は何をのせようかナ~。
いろいろなもの眺めてとっても心が弾みました。

ふわんとした淡ピンク色をのせたらやさしい白にきっと映える♪
「末富」の「うすべに」を。

087_3

ぱふっとした食感、梅肉と塩味が一緒に口に広がり上品でユニークなお菓子。
薄茶といただくととても合います!

卵白でできたお干菓子(メレンゲですね)「千本玉壽軒」の「鏡石」もそっと並べてみました。
薄茶は黒砂糖、薄黄緑は抹茶、白は和三盆の味で軽やか。
コーヒーや紅茶にも合い、和菓子が苦手な方にも好評。

098
いろいろなものを受けとめてくれる大らかでニュートラルな器。
何のせようか♪ 外歩きのたのしさを広げてもらってます。

末富      京都市下京区松原通室町東 075-351-0808
千本玉壽軒 京都市上京区千本通今出川上る上善寺町96 075-461-0796

diamond 初夏の香り。

144

地紙のなかに覗くのは枝垂れる藤の花。
薄藤色の縮緬地の附下げのきもの。
初夏の景色が刺繍で縫われています。
季節を謳歌していただける贅沢なきものです。
美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 染め帯できあがりました | トップページ | 染め帯つくりました »

京都和菓子」カテゴリの記事