« 器とあそぶ | トップページ | 黄砂に吹かれて~♪ »

2010年3月22日 (月)

染め帯つくりました

108_2

淡いねず色の塩瀬地に描いたのはかきつばた。
琳派の画家として知られる神坂雪佳の「八橋」で描かれたかきつばたをイメージ。
円窓から覗くかきつばたの姿を初夏のみずみずしい色合いで描きました。
大胆でモダンな印象です。

10年ほど前、フランスのエルメス社の社長さんが本社にいらしてくださいました。
その時目にお留めになられたもののひとつが神坂雪佳の意匠をあしらったきものや帯。
神坂雪佳の木版画集「百々世草」も熱心にご覧になられ、その後エルメスの季刊誌「ル・モンド・エルメス」38号の表紙と巻頭12ページを飾りました。
その表紙を飾ったのがかきつばたが描かれた「八橋」。

そんな思いも少し込めてつくりました。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

ル・モンド・エルメス」38号の表紙と巻頭12ページを飾りました。

|

« 器とあそぶ | トップページ | 黄砂に吹かれて~♪ »

店のこと・店まわりのこと」カテゴリの記事