« 朝からあま~い… | トップページ | 飛び梅、こぼれ梅 »

2010年2月 8日 (月)

物語をつくって

134

冷たい空気のなかにもやさしい日射しを感じると、春の兆し。
桃の節句、雛まつりの季節に思いを馳せてみました。

きものを纏うたのしみに、物語をつくって纏うたのしさがあります。

桃の節句から連想するのは…お雛さま、お内裏さま、桃の花、ぼんぼり、貝合わせ、五人囃子、笛太鼓、扇、菱餅の色(ピンク、菜の花色、若草色)などなど。

帯地のお腹の部分に桃の花、お太鼓部分は貝合わせの柄、木彫りのお雛さまとお内裏さまの帯留めをのせてみました。

コーディネイトを考えるわくわく感があって、眺める人にストーリーを想像していただける、共感していただける。
きものならではの愉しみだと思います。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 朝からあま~い… | トップページ | 飛び梅、こぼれ梅 »

きもの・きものまわりのこと」カテゴリの記事