« 刺繍の帯揚げ | トップページ | 頬張る干支もの »

2010年1月 9日 (土)

清澄、そして香探る…

鼻先をつい近づけたくなる清楚なあま~い香りに包まれるのが今から心待ちな京都御苑の梅園。
まだまだ小さな蕾みは堅くぎゅっと結んだまま。

122_2

昨年3月頃はすぐ地続きの桃園の桃の花との共演を愛でることができ、店から歩いてほんの5分ほどで夢見心地気分をあじわえました。
今年もまだかなぁ。。。

東をのぞめば、御所の土塀の屋根向こうに覗く如意が岳の「大」の字。
冷たい凛とした空気に冴え冴えくっきり。
雪が降ると、白い大の字が浮かび上がるのですが、今年はまだ。
週末は寒くなるでしょうか。

117_2

京都御苑 京都市上京区京都御苑3 075-211-6348

diamond 小花散らし柄の染め小紋のきものです。

113_2

薄やわらかねず色の縮緬地にひらひら舞う小花。
春待ち遠しい、の気分で薄桃色の帯締めで。
美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

 

|

« 刺繍の帯揚げ | トップページ | 頬張る干支もの »

京都神社・お寺・観光」カテゴリの記事

京都御苑」カテゴリの記事