« トラ、トラ、トラ | トップページ | 春の光 »

2010年1月27日 (水)

カンデンデン

129

もうすぐ節分会。
炮烙焼きの追い込みの風景を映像で目にし、今年は壬生寺の壬生狂言を観てみたいなぁ、と思ってます。

鎌倉時代から「壬生さんのカンデンデン」で親しまれるせりふなしの民衆劇である壬生狂言。
盛大な炮烙割りの音も聞いてみたいし、観客に紙の糸が投げられる「土蜘蛛」も観てみたい。

そんな季節をたのしみにしながら、江戸の頃のものの狂言面(能面??)を帯留めに、梅を描いた染め帯にのせてみました(梅はお腹の部分、お太鼓の柄は雪持ち松)。

壬生狂言は2月2,3日13:00より1時間おきに8回行われるそう。

壬生寺 京都市中京区坊城通仏光寺上る  075-841-3381

美豊は、今日水曜日お休みをいただいております confident

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

 

|

« トラ、トラ、トラ | トップページ | 春の光 »

きもの・きものまわりのこと」カテゴリの記事