« 冬は家お茶 | トップページ | 女性たち、そして和とギリシャ?! »

2010年1月16日 (土)

世界にひとつだけの

きものを誂える歓びは、自分だけの、世界にひとつだけのものをオーダーメイドしていただけること。

これはお客様からご要望をいただき、染め上がった淡い明るいねず色がかった空色の色無地のきものの反物。

083

春先にお召しになられたいということ。

生地は八丁撚糸を使った浜縮緬。
生地そのものからむっくり起き上がるような光沢があり、しなやかな縮緬地、皺になりにくい八丁撚糸は立ったり座ったりの動作を多くされるのでおすすめしました。

色は本社で今まで染めた膨大な色見本の中から絞ってご覧いただいたりして、さわやかな色に目を留められた帯締めの色に染めることに。
引き染めで幾度も刷毛で染め上げ、深みのある色にこだわります。

シンプルなものだからこそ、質のよさ、色の美しさ、袖を通すたびにときめきをいつまでも感じていただけるものに仕上げたい。

お客様と一緒につくってゆくような心弾むたのしい時間でもあります。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 冬は家お茶 | トップページ | 女性たち、そして和とギリシャ?! »

きもの・きものまわりのこと」カテゴリの記事