« 天平の頃から | トップページ | 透ける満月 »

2009年10月16日 (金)

日没前後に

岡崎の神宮道をひと筋入ったところにある「好日居」へ日没前後に。

046

一軒の日本家屋の静かな空間。
建築の仕事をされていた女主人が好きな禅の言葉「日々是好日」からとられた店名に込められた想いをそこかしこに感じられます。

お湯がしゅんしゅん沸く台所をカウンター越しに眺めてほっこり。

056

金木犀の香り高い岩茶(烏龍茶の最高峰のものだそうで何煎もいただけます)とドライフルーツ、店主手作りクッキーを齧りながら日没時間をたのしみました。

058

淡々とするする立ち昇ってゆくように響いていたキース・ジャレットのピアノのCD買って帰りました。
また通っちゃいそう。

好日居  京都市左京区岡崎円勝寺町91  075-761-5511

diamond 江戸小紋のきものに椿が描かれた染め帯です。

012_2

ちょっと気が早いけれど(だいぶ?!)、冬から新春の装いに。
美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 天平の頃から | トップページ | 透ける満月 »

京都スイーツ・カフェ」カテゴリの記事