« 秋草に思い馳せ | トップページ | 今日から »

2009年10月30日 (金)

大和絵

この前、友人が京都へ遊びにやって来ました。
「さぁ、どこへ行こう?」
紅葉情報に目を走らせ、嵐山方面一路目指しました。

訪れたのは、「天龍寺」。
少しずつ色づき始めています。
霞んだ嵐山に橙々の葉が鮮やか。

148

右手に愛宕山、小倉山、正面に亀山、左手に嵐山を臨むことができる曹源池庭園。
洲浜が配され、ゆったりした庭園は王朝風で雅やかです。
借景がとってもごちそう、秋深まると鏡のように映る池の景色が素晴らしいみたい。
気温がキュっと冷えてきたらもういちど訪れたいなぁ。
077

足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために創建したお寺は禅のぴりりとした空気に包まれながらも、この景勝のせいかとても優美で大和絵を見るようでした。

062

天龍寺 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68  075-881-1235

diamond 八角蓮と市松人形

11407

大きな傘を広げた下にうつむいた花をつける八角蓮の実。
少しずつ黄色くなってきました。

小さな女の子の着せ替え人形だったり裁縫の練習台でもあった市松人形。
小さな足袋、房飾りのついた扇子、絞りの帯揚げ、金襴の帯…
どんな衣装を持っていたのかなぁ、箪笥覗いてみたいな。
美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 秋草に思い馳せ | トップページ | 今日から »

京都神社・お寺・観光」カテゴリの記事