« 見て触れて | トップページ | じゅうじゅう »

2009年8月13日 (木)

霧の中から

山裾に広がる「札幌芸術の森美術館」。

美術館、いろいろな製作が体験できる工芸館、レストランやミュージアムショップ、野外美術館、旧有島武郎邸、佐藤忠良記念子どもアトリエ、池や庭園…

森の中に美術館が点在していて、1日中ずっと居たかった素敵なところでした。

美術館では、「クリムト、シーレ、ウィーン世紀末展」が催されていました。

10230

霧が立ち込める中に現れた美術館の中でクリムトやシーレを観たのは、とってもシュール。

クリムトの女性像はエロティックというより静謐、ギリシアの女神が描かれた「バラス・アテネ」は狂気との境にいるような圧倒的なパワー。

シーレの決して明るさを感じない自画像は、孤高な画家と出逢った感じ。

10225

観る場所でいろいろな画の印象が自分の中に刻み込まれてゆくのは、ワクワクしますね。

札幌芸術の森美術館 札幌市南区芸術の森2丁目75番地  011-591-0090

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 見て触れて | トップページ | じゅうじゅう »

美術館・博物館」カテゴリの記事

北海道」カテゴリの記事