« 小さな動く美術館 | トップページ | 野菜たっぷり »

2009年7月 6日 (月)

ルーヴル美術館展

6月30日から岡崎の京都市美術館で「ルーヴル美術館展ー17世紀ヨーロッパ絵画ー」展が始まりました。

9556_2

作品からヨーロッパの歴史を浮かび上がらせる、という試みの展覧会。

9565

多くの人が立ち止まっていたのはこのフェルメールの「レースを編む女」。

フェルメールの青、と言われる見れば見るほど吸い込まれる不思議な青色がとても印象的。

穏やかで一瞬を切り取った静謐な画の前で佇みました。

この他にレンブラント、ルーベンス、ベラスケス、ラ・トゥールなどの作品など71点の作品が飾られています。

私自身、作品たちを観たキーワードは結婚、家族。

恩師の訳本「結婚観の歴史人類学ー近代イギリス・1600年~現代」(ジョン・R・ギリス 著/北本正章 訳 勁草書房)を読み終えたばかり。

画はその時代を読み解くとても饒舌で豊かな資料、そんな風に画を観るたのしさは学生時代ゼミの先生にほんとうによく美術館へ連れて行ってもらい、知りました。

たくさん飾られている作品、注目する点や視点を持って観るとたのしい気がします。

「ルーヴル美術館展」 9月27日まで

京都市美術館 京都市左京区岡崎円勝寺町124  075-771-4107

diamond もみじがあしらわれた絽の帯揚げです。

9646 

もみじはきものや帯などに夏によく使われる題材。

季節の先取り、ですね。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 小さな動く美術館 | トップページ | 野菜たっぷり »

美術館・博物館」カテゴリの記事