« 水無月 | トップページ | 神尾真由子さん »

2009年7月 2日 (木)

いろいろな白

7月5日までの会期、と伺い岡崎の細見美術館で開催中の「白いやきものを楽しむ」展を観に行ってきました。

9567

白色ってどんな色にも染まる色、思い浮かべるだけでも色合いはさまざま。

清らかで汚れのない純白、クールな白、あたたかな生成り色、青磁がかった涼しげな白。

中国陶磁の長い歴史の中では「白」はようやく生み出すことのできた特別な色だったそう。

いろいろな白がやきものの上にのると、またまた表情豊か。

今当たり前のように白い器を手に取る私たち、海を渡ってきた白を初めて見た人々はどんな表情で迎えたのでしょうか?!

白いやさしい光を感じ、白の魅力を考えたひと時でした。

「白いやきものを楽しむ」 7月5日まで

細見美術館  京都市左京区岡崎最勝寺町6-3  075-752-5555

diamond 絽の附け下げのきものです。

9374

淡い青磁色と白を背景に草花が揺れる景色。

縦に伸びやかなラインは涼やか。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 水無月 | トップページ | 神尾真由子さん »

美術館・博物館」カテゴリの記事