« びっくり | トップページ | 水無月の紫 »

2009年6月 7日 (日)

シュール

細い路地裏にひっそりと佇むお店「エレファント・ファクトリー」を少し前に訪れました。

「エレファント・ファクトリー」という店名は村上春樹氏の小説「象工場のハッピーエンド」から命名されたそう。

ビルとビルの隙間に現れる象の描かれた小さな看板のある階段を上がるとお店。

7857

店内にはほんのり温かな灯りがともり、何だかモノクロの世界に迷い込んだようなシュールな雰囲気が漂っています。

7855

力強さにこだわったという北海道の豆を使い、ゆっくり淹れてくださる深煎りのコーヒー。

コクのある香りをたのしみ、カップを掌に抱えのんびり過ごすのに心地よい個性的なカフェです。

エレファント・ファクトリー 京都市中京区蛸薬師通東入ル(備前島町309-4 HKビル2F) 075-212-1808

diamond ふんわり蛍が舞うような絽小紋のきものです。

8171

小さな蜻蛉柄が染められた中に、涼しげな蛍ぼかし。

ちょっとしたお出かけに。

京都は少し前から蛍が舞い始めましたヨ。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« びっくり | トップページ | 水無月の紫 »

京都スイーツ・カフェ」カテゴリの記事