« 「○十」が目印 | トップページ | 我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか »

2009年5月 2日 (土)

紫の群生

毎年ゴールデンウィーク頃に、まだかなぁと足を運ぶところがあります。

上賀茂にある「太田神社」の沢に自生する杜若の群生。

いにしえから自然に咲くものはとても珍しいそうで、家人もこのさわやかなほんのりした紫の沢を毎年たのしみにしています。

3日前、水曜の朝はこんな感じでした。

8128

ぱらぱら咲き始めていて見頃はもう少し先かな。

18431

青紫の花が広げるとこんな感じです(昨年5月7日に訪れた時)。

みずみずしい若葉の波間に浮かぶ紫の群生は、風が吹き渡ると花がさわさわと揺れます。

藤原俊成の「神山や大田の沢のかきつばた ふかきたのみも色に見ゆらむ」という恋の歌にも詠まれていますね。

ずっと変わらぬ景色でしょうか…

太田神社 京都市北区上賀茂本山340  075-781-0907

diamond 絽の江戸小紋です。

8166

万筋柄は遠目には無地のように、動くと表情豊か。

透け感がたのしいです。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 「○十」が目印 | トップページ | 我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか »

京都神社・お寺・観光」カテゴリの記事