« 昼下がり | トップページ | 山里の四季 »

2009年5月26日 (火)

向かったのは…

花脊へ行く前、ちょっと寄って行こう、と家人が調べ向かったのは京都市右京区。

目指したのは、精肉店の営むレストラン「登喜和」。

花脊とは山の方向は合っているけれど北山杉が真っ直ぐにそびえるずっと西の方です(花脊は左京区)。

お店は地元の人に人気なのはもちろん、わざわざ遠くから訪れる人が多いと評判なのです。

8737

家人はロース焼きしゃぶ定食。

8740

もうひとりの家人は焼肉定食。

8743

ハンバーグ定食が売り切れでがっかりの私は、隣の人が美味しそうに食べていたオムレツ定食。

どれもやわらかな肉がジューシーで風味豊か。

11時半オープンであっという間に満席、それからは行列、山里ぽつんとあるお店、たくさんの人にびっくり。

食べることが大好きでいつも車のトランクにクーラーバックをのせている家人、早速精肉店に立ち寄りました。

登喜和  京都市右京区京北周山町上代1  0771-52-0014

diamond 丸模様がリズム刻んで。

8338

紗紬の手織り、掬い織りの帯。

淡い色合いが涼やかさ運んでくれます。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 昼下がり | トップページ | 山里の四季 »

京都ごはん」カテゴリの記事