« 眺めて、使って | トップページ | 薔薇ガーデン »

2009年5月 7日 (木)

端午の節句

昨日は端午の節句。

夜、義父、義母と一緒に日本料理店「桜田」を訪れました。

目で舌で五感フルで、端午の節句満喫した豪奢な夕べでした。

8294

お床は檜兜飾りに鍾馗さんの描かれたお軸。

見事な波模様の金蒔絵椀の中に浮かんだ鱧と白ずいき、八つ橋に見立てた景色の中に置かれた八寸…繊細で皐月香る夢のような料理の数々。

器の素晴らしさにも目を奪われっぱなし。

温かなおもてなしの中でいただく豊かな時間。

ずっとカメラを取り出すことも忘れ、ひとつひとつの料理に感動しながらいただきました。

8298

最後にお抹茶と一緒にいただいたお菓子「藤」。

バカラの器に美しく映えるきんとんは、外は長芋餡、中に甘さ控え目ふっくら粒あん。

こんなお菓子が買える和菓子屋さんがあったらいいなーっていつも思います。

「桜田」を目指し全国からお客さんがいらっしゃることに納得。

この日も大勢のお客さんで賑わっていました。

桜田 京都市下京区烏丸仏光寺東入る  075-371-2552

diamond  絹芭蕉のきものです。

8185 

しゃり感、空気を纏う心地よさ、光がふわりと抜けるきもの。

手紡ぎ、手織りの風合いはぜひお手に取っていただきたいもの。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 眺めて、使って | トップページ | 薔薇ガーデン »

京都ごはん」カテゴリの記事