« ぶるぶるの後に | トップページ | 名残桜 »

2009年4月17日 (金)

わが家の隠れシェフへ

この前、三十三間堂西側「鍛金工房 West Side 33」(ウエスト サイド33)を訪れました。

このお店は、日本料理店ご主人が「お鍋を誂えとてもよかった」と教えてくださったお店。

7841

三十三間堂の土塀の西側(だからお店の名前がウエストサイドなんですね!)のしっとりした素敵な外観。

7838

扉を開けた瞬間から、もう夢中♪

鈍色の光が包む店内、ギャラリー向こうは中庭、奥は工房かな?!

1枚の地金を金槌で叩き、締め美しいフォルムを生み出す鍛金技法。

その技法で作られた真鍮や銅、アルミ、24金!の調理器具、鍋、インテリア用品、テーブルウエア。

ひとつひとつ職人技がぎゅっと詰まり、何よりも美しさにノックアウト。

スクエアのころんとした箸置き、シルバー色がこれからの季節に涼しげなお皿の丸いの、四角いの、花器…もう誰か止めてー、買い物止まりません。。。

描くフォルムの美しさに吸い寄せられたお玉、お手入れもアルミは樂ちんとすすめてもらって2組買いました。

7863_2

我が家の隠れシェフへいつもありがとう、を込めて送ろうかな(HP、ブログよく見るので美豊のリンク集に入ってマス)。

今日何作ろうー?こんな気分でこんな材料あってね、にもたのしいアイデア満載でいつも教えてくれる私の心強い味方。

今、京都のおいしいもんと一緒にパッキング中。

お鍋は次回に…後ろ髪引かれながらお店を後にしました。

鍛金工房 West Side33 京都市東山区大和大路七条下る七軒町578 075-561-5294

diamond すっきりさわやかな雰囲気の名古屋帯です。

7832

白地に銀色、墨色の幾何学模様がぽっぽっと散らされていて、涼やか。

地織りの模様も美しいです。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« ぶるぶるの後に | トップページ | 名残桜 »

京都のお店」カテゴリの記事

京都職人仕事」カテゴリの記事