« ぶぶ漬け | トップページ | みずみずしい »

2009年1月29日 (木)

ファンタジー

この前京都国立近代美術館を訪れました。

今、「上野伊三郎+リチ コレクション」開催中です。

6029

ウィーンから京都へ移り住み、京都市立芸術大学で教授を勤めた後、京都インターアクト美術学校創設した上野夫妻、伊三郎は建築、リチはテキスタイル分野で活躍したそう。

美術館の中は色の洪水、鮮やかで明るいおとぎの世界に迷い込んだよう、リチのデザインした壁紙、タペストリー、陶器、マッチ箱、アクセサリーデザインにいたるまで。

こんな壁飾り、葉書、陶器、パッケージ、スカーフや手拭いあったらいいなーで溢れていました。

伊三郎の建築とリチの共同製作の京都の「スターバー」や「スター食堂」、東京日生劇場レストラン「アクトレス」、行ってみたかったなぁ。

6260

外は冬枯れ、ファンタジーの中に身を置いたような高揚感は春のぽかぽか気分満喫させてくれました。

上野伊三郎+リチ コレクション展 2月8日まで  京都国立近代美術館

diamond 唐草に九曜星模様が織られた西陣織袋帯です。

6286

大きな丸を中心に九つの丸が囲む九曜星模様。

日、月、星、太陽が信仰の対象となっていたところから厄除けの意味もあるそうです。

端正な印象の帯です。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« ぶぶ漬け | トップページ | みずみずしい »

美術館・博物館」カテゴリの記事