« お正月に人気なのは | トップページ | ご覧ください »

2009年1月 5日 (月)

何でしょう?!

今日から仕事始めの方、多いのではないでしょうか。

今日から始動、ですね!

京都からのお土産にリクエストしてもらったもののひとつですが、さてこれは何でしょう?!

5531

黒いぽろんとした形、大徳寺納豆です。

実は初めて目にした時おっかなびっくり口にした覚えがあります。

甘さと一緒に甘酸っぱい塩味をきかせてある落雁や味噌松風、味噌漬け(京都では白味噌)のふんわりした甘さの横にそっと添えてあったり。

訪れたのは大徳寺の精進料理方として知られる「大徳寺一久」。

500年以上も大徳寺とともに歩みをともにしてきたというから、うーんいつの時代から?と思わず指を折って数えてしまいました。

大徳寺納豆は一休禅師からその製法を伝授され、大豆を天然加工したものだそう。

「豆腐にのせたり、野菜と一緒にでも美味しいし、お茶受けにもね、お醤油や梅干しみたいな感じで食べて」とお店のおじいさんに教えてもらいました。

5480

大徳寺の東隣にしっとりと佇むお店、 それにしても500年以上も続くお店って歴史の生き証人のよう、としみじみ眺めてしまいます。

大徳寺一久  京都市北区紫野大徳寺下門前町20  075-493-0019

美豊ホームページ   http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« お正月に人気なのは | トップページ | ご覧ください »

京みやげ・おもたせ」カテゴリの記事