« 三拍子 | トップページ | 寄り道 »

2008年12月22日 (月)

1年のおしまいに

昨日は冬至、ゆず湯に入って温たたまられたでしょうか。

この6,7年くらい12月になるとソワソワ、天気予報を気にしながら伊勢神宮を訪れています。

初めは厄除けに出かけたのがきっかけ、1年のおしまいに詣でると清らかな心になるような気がして、12月の恒例行事になっています。

京都から新しい高速道路もでき、今までよりずっと近くなったお伊勢さん、この日は用事を済ませて午後出発。

まず、豊受大神宮(とようけだいじんぐう)の外宮(げくう)から。

5855

護国豊穣の神様の祀られている本殿目指し、楚々とした砂利道を踏みしめ歩きます。

空気の澄み切った気持ちのよい森の中を歩いているみたいな感じ、何度も深呼吸をしたくなります。

5919_2

毎年、周囲の人から「買ってきて」のリクエスト多い干支の一刀彫りの置物。

静かにゆったり流れる五十鈴川にかかる太鼓橋を渡ってお参りをする内宮(ないくう)。

5869

冬の冷たいきれいな空気に全身が包まれるのは清々しい気持ちにしてくれますね。

毎年たのしみにしている内宮で買える干支の土鈴、ずっと見守ってくれているお店のねずみとこれからバトンタッチ。

5910

実はこの伊勢神宮へのお参り、食べ物を点と線で結んだように動いてしまう詣でになってしまっているのですが…

それはまたまた。

diamond くっきりした模様がかわいらしい印象の帯です。

5830

亀甲柄に華紋の名古屋帯、帯地の色は明るめ墨色。

とても雰囲気のある色です。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 三拍子 | トップページ | 寄り道 »

三重」カテゴリの記事