« 謎解き | トップページ | ぼくの年 »

2008年12月11日 (木)

冬バージョン

今年も残すところあと半月あまり…

まだあまり実感が湧かない美豊スタッフですが、ここに足を踏み入れた時は年越し準備、お正月準備をせねば !と感じたところ、食のワンダーランド錦市場。

すでにたくさんの人で賑わっており、人波にゆらゆら揺られながらのんびり歩みを進める牛歩状態。

お正月らしい美しい手鞠麩に目を奪われたのは「麩嘉(ふうか)」。

ここで12月初めから1月(いつまでかはわからないそうな)まで買える「黒豆麩饅頭」を発見。

5689

さらっさらの口の中でふわっと溶けてゆくきめ細やかで黒豆のほんのりやさしい甘さの餡が麩嘉の弾力ある生麩の中にくるまれています。

笹がつやつやに湿らされており、瑞々しいです。

お店は、暖簾の「ふ」っていう字が「ふ、ふ、ふ」と笑い踊っているように見えます。

5686

生麩は粟、蓬などの他にチーズ、パンプキン、ベーコンなども人気とか。

今は「しま村」の白味噌や「まるさわ」の醤油や丹波黒豆があったりで、お正月ものの調達できるちょっとしたセレクトショップのようでした。

麩嘉(ふうか) 京都市中京区錦小路通堺町角 075-221-4533

diamond 大島紬のきもの地に細かい花菱模様が後染めされたきものです。

5679

大島紬のさっくり感、染めのたのしさもあじわっていただけるきものです。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 謎解き | トップページ | ぼくの年 »

京都和菓子」カテゴリの記事