« まねき | トップページ | 後を追い »

2008年12月 4日 (木)

やめられない、とまらない ♪

ぽかぽかの日だまりが心地よい小春日和の日が続いていますね。

この前大徳寺を訪れたお昼頃、お店をがらがらっと開けたら「本日は売り切れました」の札にがっくり肩を落として帰った「松屋藤兵衛(まつやとうべい)」。

松屋藤兵衛は江戸時代後期創業の240年以上続く和菓子屋さん、銘菓「紫野松風」が有名。

5478

勇み足で訪れた今回はセーフ、まだショーケースに並んでいました「紫野松風」。

5589

手にした時から白味噌の濃厚な香りいっぱい、もっちりした食感、白味噌のほんのりした甘みと上にのっている自家製大徳寺納豆のちょっと塩醤油っぽさ、胡麻のぷつぷつ感、たくさんのハーモニーは懐かしい味。

そしてこの日は「これもください」っていう声が震えました。

松風を切る時に出る耳の部分を集めた「福耳」がショーケースの上にある !

この福耳ひとつひとつ味が違うのです。

味噌のほろ苦いところがあったり、かりっとした溜まりの部分あり、甘ーいところあり。

気づいたら「やめられない、とまらない ♪」状態でついぞ家人たちは「福耳」の陰形見ず…

開店と同時にあるわけではないらしいので出会えたらその日はラッキー☆というものみたい。

松屋藤兵衛  京都市北区紫野大徳寺前  075-492-2850

xmas 紬地に型染めされたきものです。

5627

紬地が両面染めされているきもので、片面はあられ柄、もう片面は万筋柄。

お好きな方をお選びいただけます。

紬の風合いが好きでちょっとしたおしゃれ着よりもう少し幅広く着たい、なんて方にぴったりのきものです。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« まねき | トップページ | 後を追い »

京都和菓子」カテゴリの記事