« 待ち合わせ | トップページ | 年忘れ »

2008年12月16日 (火)

今年のうちに…

今年のうちにつるつるぴかぴかに磨き上げ、気持ち良く新しい年を迎えたいなぁ、そろそろ大掃除の季節(遅いでしょうか?!)。

この前訪れたのは、三条大橋の西北にある「内藤商店」。

初めてお店の前を通りかかった時は、とても賑やかな通り沿いに箒やたわしがところ狭しと並ぶ店先はとても目立ち思わず足を留めて以来、大好きなお店。

5744

約200年前から棕櫚を使った製品を扱ってきた老舗、たわしや箒は実用的かつ姿形が美しく、多くの有名人にもファンの多いお店。

和歌山の山奥でとれる棕櫚で作られた棕櫚箒は10年だっていけちゃう選手、コップ洗いに柄の長いブラシ、ボディブラシ、化粧刷毛など、バリエーションに冨み、形、堅さなどが用途により束ね具合が調節されていたり職人技を感じながらひとつひとつおじいさんの言葉に耳を澄ませて手に取るのはたのしいひと時。

今回は窓の桟をささっと掃く小さな箒。

5749

堅めの棕櫚棒たわし、形がほんとにかわいらしく、手元に置いておくと手軽に気づいた時に手に取れる優れもの。

毎日の生活をかなりたのしく感じさせてくれます。

内藤商店  京都市中京区三条大橋西詰め北側  075-221-3018

diamond 市松柄に花の丸模様の織られた濃い地色の名古屋帯です。

5797

小付けの花の丸模様がかわいらしさを感じさせてくれ、身に纏っていることを忘れてしまうほどとてもとても軽い帯。

紬などのお洒落着から小紋、色無地などに合わせていただけます。

墨色のような何とも言えない微妙な色合いは、いろいろなきものの色に合わせやすいのも魅力的です。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 待ち合わせ | トップページ | 年忘れ »

京都職人仕事」カテゴリの記事