« 今年のうちに… | トップページ | 帰国 »

2008年12月18日 (木)

年忘れ

お店がお休みだった昨日、年忘れ美味しいもん食べてちょっとのんびりしようよ、としばらく前から予約して訪れるのをたのしみにしていた日本料理店「山玄茶(さんげんちゃ)」。

路地を折れればまた新しい路地、ひとりだったら絶対迷子になる祇園の路地奥に佇むお店、日本料理店「祇園ささ木」のあった場所に昨年オープン、「招福楼」で20年以上腕を磨かれ、あっという間に人気のお店に、予約でいつもいっぱいらしいです。

5832

冬野菜と雲丹、蟹の先付け、九谷の器の中に色鮮やかなお料理のスタート。

聖護院かぶらや粟麩などの入りかぶらのみぞれ椀にからだぽかぽか温まり、

お造りはかつお、帆立、鯛のクリームチーズはさみをたっぷり山葵混ぜたちり酢につけて

そしてたのしみな八寸、美しくお箸をつけるのが勿体ないくらい。

5840

ふっくらした鰆の白味噌焼き、海老のアーモンド揚げ、煮てから揚げてある海老芋、くもこ、鯵寿司など。

湖東しめじや聖護院大根の煮物の後に白ご飯。

5847

ご主人のお父様が作ってみえる滋賀県産きぬひかりのお米はもっちもちでお米が立ってる !

ひと口目は甘く、その後は塩かけたら懐かしの塩にぎりになりますよとご主人、鯛そぼろをかけたり自家製漬物と頬ばり、みんな一斉におかわり、お茶漬けにしてもらってました。

デザートは林檎のコンポーネントにシャーベット。

カウンターでご主人がお料理をひとつひとつ紐解いてくれるおしゃべりも楽しく、素敵なお昼ごはんでした。

山玄茶  京都市東山区祇園町北側347-96    075-533-0218

diamond 花菱模様がかわいらしいです。

5828

墨色に花菱模様の西陣織り名古屋帯です。

いろいろな色の帯締め 合いそうですね。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 今年のうちに… | トップページ | 帰国 »

京都ごはん」カテゴリの記事