« 帰国 | トップページ | 1年のおしまいに »

2008年12月20日 (土)

三拍子

今年も残すところ数日。

今年のうちにやり残していることは?、来年を新しい気持ちで迎えたいな、目線で身辺を振り返る今日この頃。

少し前、錦市場で求めたのは「有次(ありつぐ)」のミニおろし金。

5722

よくおろすころができ、テーブルの上でもささっと使え、おまけに眺めてかわいらしく、持ち手のところは銅。

目が丸くなれば目立てをしてくれるそう、来年どうぞよろしく、です。

裏にはちょっと嬉し恥ずかし、名前を彫ってもらいました。

包丁、鍋、ざる、酒器、クッキーの型抜きまで、眺めていると飽きることがないくらい台所道具が充実しています。

5704

1560年当時は刀鍛治、明治時代に鍋、台所道具を手がけるようになったそうです。

使ってその実力を感じられ、アフターケアをきちんとしてくれ末永く使える、おまけに眺めて美しいの3拍子。

この日もたくさんの人で賑わっていました。

有次  京都市中京区錦小路御幸町西入る   075-221-1091

diamond 唐織りが美しい西陣全通袋帯です。

5871

花菱唐草取り華紋模様の美しい帯です。

はんなりした色合いもおたのしみいただけます。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 帰国 | トップページ | 1年のおしまいに »

京都職人仕事」カテゴリの記事