« 昨日は | トップページ | 音に惹かれて »

2008年11月15日 (土)

ようやく

ぽかぽかの小春日だった昨日、京都御所秋の一般公開へ行ってきました(ようやく !)。

御所一般公開の魅力は、普段公開されていない紫宸殿などの建物を間近で観られたり、襖絵やしつらえがタイムスリップしたような風景の中で観られること。

5336

今回は「内裏(だいり) いづれの御時(おんとき)にか…」というテーマで、蒔絵の美しい牛車が車寄せに、十二単を身に纏った人形が絵合わせや囲碁遊びをしている風景が宮中での生活感じられるように飾られていました。

舟着があり欅橋のある御池庭(おいけにわ)の池には紅葉が映り込み鮮やかな鏡のよう。

5323

公開は16日まで、15日には雅楽が16日には蹴鞠が行われるそう。

club 紬地が小紋柄に染められているきものです。

5351

片面は竹柄、もう片面は鮫小紋柄、お好きな方をお選びいただけます。

落ち着いた桃色が温かい雰囲気。

紬の風合いをたのしみながらと小紋の顔も、幅広い場面でお召しいただけます。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 昨日は | トップページ | 音に惹かれて »

京都御苑」カテゴリの記事