« ふるっふるっ | トップページ | どのくらい?! »

2008年10月18日 (土)

あれれ…

今日は10月18日土曜日。

10月22日水曜日は京都三大祭りのひとつ「時代祭」。

もう時代祭は間近なのにあれれ…

他のお祭りに比べて話題にのぼることが少ないような、準備の足音もあまり耳にせず(知らないだけかもしれませんが)。

ちなみに京都三大祭りは5月の葵祭、7月の祇園祭、そして10月の時代祭。

葵祭はヒロイン斎王代(さいおうだい)が決まったりクライマックス5月15日に向けていろいろ行事があり、祇園祭は稚児が決まり1ヶ月間京都中が祇園祭色に染まる歴史ある大きなお祭り。

時代祭は1日のお祭り、市民が参加するお祭りのイメージがあるのでしょうか。

4679

幕末から平安初期時代まで遡って見られる一大時代絵巻は10月22日正午頃に京都御苑を出発し、ゴールは平安神宮。

登場する人物は、幕末の桂小五郎、坂本龍馬、高杉晋作、和宮、出雲阿国、羽柴秀吉、織田信長、淀君、静御前、大原女、紫式部…

バラエティーに富んでます。

美豊近くの京都御苑、行列の進む烏丸通りはとてもにぎやかに。

晴れるといいなーと思っています。

そして同日夜6時からは日本の三大奇祭である鞍馬の火祭りも行われます。

由岐神社前鞍馬街道にかがり火が灯され、鞍馬寺山門に大松明が終結する様子は圧巻らしいです。

京都は10月22日、お昼と夜、雰囲気の全く違うお祭りが繰り広げられます。

club 塩沢紬です。

4636

さらさらと心地よい肌触りと軽さは身に纏うと忘れられない紬、と言われます。

その軽さ温かさは本来向いていると言われる単衣だけでなく袷の季節にもおたのしみいただけます。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« ふるっふるっ | トップページ | どのくらい?! »

京都季節行事」カテゴリの記事