« 衝撃の♪ | トップページ | 甘味でほっこり »

2008年10月 2日 (木)

展示会

しとしと降っていた雨もやみからりとした陽気になった昨日、美豊はお休みをいただいておりましたが本社は展示会、岡崎の「つる家」におりました。

本社は手描き京友禅の製造・卸会社をしており、毎月催す展示会には全国から呉服屋さんがいらしてくださいます。

いつもは会社で催す展示会、春・秋は京都の景色の中で呉服を愛でてくださったら、という趣旨でこの10月は春物新作展示会を「つる家」で。

「つる家」は、数寄屋造りの建物が琵琶湖疎水を取り入れた滝や池を臨める庭園をぐるりと臨みいろいろな角度から庭園をたのしめる料亭。

4441

緑豊かな庭園と木の枠の昔のガラス窓から柔らかい光を投げかけられ、きものがとてもしっとり美しく映えている気がします。

展示会はたくさんの方にお目にかかれ、刺激に満ちた一日。

呉服談義に花咲き、きものへの想い、職人さんの製作工程やたくさんの心豊かな話を伺い、呉服のたのしさを感じさせてもらった一日。

昨日はこんなきもの着ました。

4425_3

この白地に萩、女郎花などの秋草が流れるように描かれている附け下げ訪問着は、義父が初めて誂えてくれた想い出深いきもの、きもの超初心者(自分で着ることできず)だった私にはとてもハードル高く緊張するきものに思えました。

まだまだ初心者ではあるけれど、袖を通すたのしさ感じる今は白いきものはいろいろな帯合わせや小物あそびできるキャンバスみたいに感じる時も。

昨日は萩の丸い葉が全体に散りばめられた金地に菊や桔梗など季節の花が色紙柄で織られた錦織り帯を合わせてみました。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 衝撃の♪ | トップページ | 甘味でほっこり »

店のこと・店まわりのこと」カテゴリの記事