« 灯りともされ | トップページ | 時計台のもとで »

2008年10月27日 (月)

満月を…

美豊近くにはいろいろなお店があります。

「三笠(みかさ)」で有名な「京阿月(きょうあずき)」は美豊から歩いてすぐ丸太町駅の真上。

三笠とはどら焼きのこと、関西ではどら焼きを「三笠(みかさ)」と呼ぶことを京都へ来てから知りました。

これは「天の原ふりさけ見れば春日なる三笠(みかさ)の山に出でし月かも」の歌にちなんでいるそうです。

「京阿月」にはつぶあん、白あん、栗つぶあんの3種類がありました。

4795

皮はふんわり、栗が真ん真ん中にごろんと入ったつぶ餡の三笠は今だけのシーズンもの、と思いきや1年中いただけるそう。

おやつにと買いに行ったこの日、袋に入れてもらっている横で次から次へと買い求められていた三笠、頬張るとぽっかり浮かんだ満月を想い出しそう。

京阿月  京都市上京区烏丸丸太町上る春日町434-1  075-241-1657

club 仕立て上がっている男性ものの角帯です。

4384_2

名物裂文様の笹蔓模様が織られた帯、格調高くお召しいただけます。

300年にいちどだけ実をつける竹の実を象っている笹蔓文様、おめでたい模様ですね。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 灯りともされ | トップページ | 時計台のもとで »

京みやげ・おもたせ」カテゴリの記事